仕事

老後貧乏にならない方法は3つあります

2016年6月5日

老後貧乏にならない方法は、「年金で生活する方法」、「貯蓄で生活する方法」、あと一つは?

それは、できるだけ働き続けることです。

今の60代や70代の方は、健康な高齢者が多く、体力的に「働く」ことが可能です。

制度面でも「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の改正法が2013年4月から施行され、定年後の継続雇用が進みつつあります。

job_roudousya_old

この法律は、急速な高齢化の進行に対応し、高年齢者が少なくとも年金受給開始年齢までは意欲と能力に応じて働き続けられる環境の整備を目的として改正されました。

要するに、年金がもらえる時期が65歳からになるので、65歳まで当たり前のように働きましょうというしくみです。

では、65歳もしくは70歳くらいまで働くには、どうすればいいのでしょうか

自営業であれば、自分で働く期間を決めることができます。
但し、中小企業を取り巻く環境が年々に厳しくなっておりますので、長く働たいと思っても、その前に経営が傾いてしまったり、商売が続けられなくなることもあります。

自営業の場合は、継続的な会社運営ができていれば長く働ける環境が整います。

雇われの身の会社員としてはどうでしょうか‥。
高齢まで働くことを考えてみると、やはり定年制度が一番の問題になってきます。

もう一つ大事なことは、高齢になっても自分がその会社に必要とされているかです。
若い労働力で置き換えられてしまうような仕事であれば、時期がくればお疲れさまでしたとなってしまいます。
老後の収入源として!投資用マンション【コンシェリア】

長く仕事を続けるには、一番の武器となるのは資格です!

やはり資格を持っていることで採用の可能性が大幅に上がります。
資格保有者しかできない仕事は結構あります。
限られた対象者への求人となるため、仕事への競争率が資格不要の場合と比べてガクンを下がります。

資格を取得するためには、それなりの時間と努力が必要です。
そのハードルを乗り越えられた人は、限られた方たちです。

どんな易しい資格であっても、申請をして試験を受けたりというプロセスを辿らないといけませんので。

資格を登録まで無事に済んで、初めて資格者と名乗れます。
そこまでに辿り着けずに断念する方も少なくありません。

まずは資格選びから、準備してみてはいかがでしょうか。
以下には、資格取得のための資料請求ができるサイトを掲載しておきます。
資料を見ながら、自分に合った資格を見つけてみてはいかがでしょうか。


最後までブログをお読みいただきありがとうございました。

医療・介護の資格資料請求なら全て無料「シカトル」

シカトル

にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ

老後に関するブログを見つけられます

-仕事

© 2020 ひねもす Powered by AFFINGER5