フィンテック

家にあるモノを、「貧テック」で売りまくろう!

ITと金融を絡めたビジネスを「フィンテック」といいますが、「貧テック」も流行っています

最近、フィンテックという言葉がニュースで頻繁にでてきています。

アプリで家計簿をつけたり、おつりで資産運用できたりとお金とITを絡めて作ったアプリが人気急上昇しており、時代の変化は加速しているようです。

ちなみにアプリで家計簿はマネーフォワードZaimという会社がサービスをおこなっています。

おつりで資産運用するサービスは、マメタスというアプリをWealthNavi(ウエルナビ)という会社がおこなっています。

「貧テック」(ヒンテック)いう言葉は、経済的に厳しい方や小銭を稼ぎたいという方が始めるアプリなどを使って収入アップを図る行動です。

ちなみに「貧テック」という言葉は、日経新聞が発行している週刊の金融新聞である「日経ヴェリタス」の記事に載っていました。(いいたとえだなと笑ってしまいました‥)

メルカリは、当初女性がメインでしたが男性や高校生なども一気に利用を伸ばしております

「貧テック」の一番人気アプリは、フリマアプリのメルカリです。

今では、高校生あたりも当たり前の不要になったモノを気軽に売ってお小遣いにしているようです。

最近注目なのは、あっという間に需要が急増してサービスが停止してしまった「CASH」というアプリのサービスです。

お金を借りたいと思った時に、目の前のある担保になるそうなアイテムを写真に撮って送るだけで、査定された金額が提示されます。

実際にお金が借りた場合、返済するか担保として写真を撮ったアイテムをアプリサービス会社に送るのいずれかを選択します。

質屋を連想していただくイメージがわかりやすいかと思いますが、質草として写真に撮ったアイテムを送ってお金を払わないで済ますか、金利を足したお金を返済するかを借りてから考えてもいいというルールです。

このサービスをあまりに申込みが殺到して1日でサービスが停止してしまいました。

このように、いろいろなサービスが開発されて簡単に所有しているモノが現金化しやすくなっています。

とりあえず、家にあるモノをがんがん売れば、現金化できます。

アプリに限らず、ネットからいろんなアイテムを送って買取してもらえるサービスが増えてきています。

以前は興味があって一生懸命集めたが、今はまったく興味がなくなったモノがあれば、いろんな買取サイトやフリマアプリから、どんどん売って現金化して老後資金に代えていくのも一つの方法かもしれません。

買取サイトを調べてみると、
ジャンル別に、いろいろサイトから買取できるようになっていました。
一覧で掲載しておきます。

アマゾンの電子ギフト券買取→amaten - アマテン
高級時計買取→ロレックス、オメガ、パテックなど買取手数料0円で高級時計買取 「買取本舗 七福神」
トミカ買取→トミカ買取専門【コムズトイ】
化粧品や香水など→「リライフクラブ」女性のための化粧品買取サービス
楽器買取→【楽器買取アローズ】

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ老後のお金に関するブログを見つけられます

-フィンテック

© 2020 ひねもす Powered by AFFINGER5