確定拠出年金

個人向け確定拠出年金の愛称はiDeCo (イデコ)に決定!

2016年9月19日

DCという言葉と、個人型のキーワードを入れた愛称でした‥

来年の1月に法改正されることにより、老後の資産運用として大きく注目されている「個人型確定拠出年金」の愛称募集を8月1日から8月21日までおこなっていました。

「i」は、individualという英語から取って意味は個人、もう一つ「i」には「私」という意味が込められており、個人をイメージできるキーワードとして使ったんでしょうね‥。

DeCoは、Defined Contribution pension planの単語の一部から抜き出して言葉になります。
Defined Contribution pension planは、「確定拠出年金」の英語の呼び方です。

募集をおこなったのは、確定拠出年金普及・推進協議会です。今はサイトがありません。

詳細はこちらの厚生労働省のサイトから確認できます。

応募は4351件と結構な数となりましたので、「個人型確定拠出年金」が急激に注目されている証拠かもしれません。

最近のマネー雑誌などでも、「iDeCo」の特集をよく見かけます。(早速愛称を使ってみました‥)

来年1月からの開始に向けて、金融機関を準備を整えています。

銀行、証券会社は、自分のところで運用をして欲しいので、「iDeCo」用の口座開設の誘導に力が入ります。

「iDeCo」向けの投資信託が充実している金融機関に、関心が寄せられることになるでしょう。

あと3ヵ月とちょっとで更に「iDeCo」を利用できる対象者が増えます。

老後の不安も重なって節約志向・資産運用に世の中全体が目を向けています。
その中で、来年1月に向けていろんなニュースがでてくると思います。

このサイトでも、日々取り上げていく予定ですので、よかったら覗きにきてください。

最後までブログをお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ老後のお金に関するブログを見つけられます

-確定拠出年金

© 2020 ひねもす Powered by AFFINGER5